安心安全のカードローン利用

債務整理やヤミ金利用に陥らないための安全なカードローンを使う

マイホームを保持しながら債務整理するには

かつては任意整理や特定調停によって債務整理が行えない場合は、破産を選択するしかなく生活の基盤であるマイホームもほとんどの場合が手放す必要がありました。しかし、民事再生法の住宅ローンに関する特則ができて以降は、これを利用することにより、なんとかマイホームを失わずに、債務整理できる可能性がでてきました。

 

人によって理由は様々ですが、住宅ローンの支払いに支障が生じている債務者のために借金返済条件について変更を認める制度がこの住宅ローンにかんする特則です。ローン返済に苦しんでいる債務者は、民事再生手続きを申し立て、再生計画案の中に住宅ローンに関する権利変更の条項を盛り込んで提出をおこないます。

 

その再生計画が裁判所によって許可され確定すれば、住宅ローンの債権者に、つまり銀行や貸主の意思とは関係なく権利は変更され、債務者は期限の猶予を受けることができます。

 

この住宅資金特別条項は、通常の民事再生手続きに加えて、小規模個人再生、給与所得等再生でもいづれを問わず、再生計画書の中に盛り込むことができます。

 

また、住宅の建設や購入または住宅の改良に必要な資金の借り入れであり、この資金の返済が分割になっていること、住宅ローン債務や、保証会社の求償債務を担保するために抵当権が設定されていることが要件となっています。

それぞれの債務整理法にはメリットもデメリットもありますので、まずは債務整理のデメリットについてをしっかりと理解しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ